ロットワイラー&フレンチブルドッグと暮らすRottmammyの面白ボヤ記。日々の出来事、楽しさ万歳の結構ふざけたマジメなブログ( ̄∀ ̄*)イヒッ
2017/07«│ 2017/08| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 »2017/09
文字サイズ文字サイズ:大文字サイズ:中文字サイズ:小
--:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category:スポンサー広告│ コメント:--│ トラックバック :--
2006/06/24
02:50:17
2006年6月23日、生後第16週(112日)なロットワイラー犬Violetちゃん。ちょうど故Little SisterがR家にやってきた週齢になった。

当時の日記には、体重15キロで、体長が二日後に10センチ以上伸びたと記されている。生後30日から生後112日になるまでのこの期間、ずっとあの小さな箱の中で暮らしていたLittle Sister・・・・・・
ろくに伸びをすることも出来ないままあの小さな箱の中で体を曲げて暮らしていた。

VioletはR家にやってきて、いっぱい遊んで、いっぱい食べて、いっぱいのことを吸収している。ワクチンも終わっていれば、散歩デビューも終わっているし、寝床は大きなハウスをもらって、昼寝のほとんどはピンさんのカウチかリビングの床でへそ天状態。

一日の終わりにすやすやと眠っているVioletを見つめながら、
「6年前、この週齢でLil' Sisはやってきてんなぁ・・・・・」
と彼女のことを思いだし、胸がキューンと締め付けら、苦しくなる。99.jpg


VioletがいるからLittle Sisterのことを忘れられたかというと、その反対で、余計に辛い今日この頃・・

どうして人は犬を繁殖するのだろうか?
どうして人はその子犬たちを生後30日で母犬から引き離すことが出来るんだろうか?

わたしには全く理解出来ない。その命の将来を考えたら絶対に出来ない。

どうして人はショップの小さなショーケースに入っている犬たちを見て、笑って楽しむことが出来るのだろうか?

わたしには全く理解出来ない。今この子たちはここにいるべきじゃない。母犬や兄弟姉妹犬たちと遊んで、寝て、食べて、遊んで、寝てを繰り返す毎日を送っているか、またそれを管理してくれる飼い主の元で平凡でも幸せな暮らしをしているべきだ・・・・・そう思えば笑って犬たちの様子を伺えることは出来ない。

Littele Sisterにはそんなショーケースでの暮らしが必要だったんだろうか?
何事も経験・・なんて言えるのは人間の人生の中で言えることで、犬たちにとって必要でない経験は星の数ほどある。
4年と8ヶ月生きたLittle Sisterの犬生の中で、ショップで暮らした日数は、ほんの82日間の出来事ではない。82日間不必要な経験を強いられたんだ。人間のエゴによって、この世に生まれて、人間のエゴによって、過酷な幼少期を強いられた。
She was forced to do that.
6年前の今頃は、人間によって閉ざされた彼女の心のリハビリをピンさんと二人三脚で支えていた。
「人を信じていいんだよ」
彼女の最初のリハビリは人を信じることだった。当時わたしが経営していたお店のスタッフたちにも協力してもらって、愛情溢れる日々を彼女と暮らし、いっぱいごはん食べさせてあげて、いっぱい遊んであげて、外の世界を見せてあげて、彼女を守ってあげることが私の役目だった。


Violetにはそのリハビリに要した時間は全く必要が無い。
R家にやってくる道中から、既に
「わたしはmammyのファミリー」
と思っていたVioletちゃん。ずっと母犬、兄弟姉妹たちとその日まで一緒に暮らしてきたからかな、Violetは車中で、彼女を抱いているmammyより、後部座席で横になっている犬のPinkyを選んだ。途中のparking areaでピンさんの横にVioletを寝かせると落ち着いて眠りだした。震えることもなく、スヤスヤと眠りだした。あまりにも動かないので、息をしているか確認したくらいだった。
家までの所要時間3時間をずっとPinkyにもたれて、車の旅を寝て過ごした。車中はPinkyの側を選んだけど、家に着くなり数時間もすれば、Pinkyを管理しているmammyと、頼もしいPinkyどちらのことも頼るようになり、二、三日後にはすっかりmammyに対する信頼度は固まっていた。

そんなVioletに
「人を信じていいんだよ?!」
なんて言葉は一度も使うことなかった。そしてこれからも必要ない。
彼女の周りの全てを彼女は信頼仕切っている。彼女の目が仕草が、行動が「信頼」を訴えている。
だから、上がっちゃいけない!!とmammyに言われている2Fにも上がる。mammyに叱られたって、
「だって2階たのしそうなんやもん」
って言い返す余裕を持ってやる。そして、階段を下りるとき、忍法3段飛びで下りてくるから怖くて
"Hold on, let me hold you! "
と手を差し出すと
「(..)(^^)(^。^)(*^o^)(^O^)ウレシーーー!!mammyの手やmammyの手」
と言って、全身をmammyに預けてくる。
「mammyに頼ったら大丈夫。無事、1階に到着出来るもんねぇ~」
笑顔でmammyに体を委ねるが、頭から崩れるように流れてくる、重いVioletちゃんをholdする。・・・・
┗(;´Д‘)┛超おもぉ~って顔を見せずに平静を装って、Violetを抱えて階段を下りる。その時のVioletは嬉しそうに笑顔で、次の悪さを検討中!!って表情を見せている。

ねぇ、しーちゃん。今どうしてる?あなたに会いたい。
i miss you, girl.
しーちゃんのことやから、今のわたしたちの暮らしを見ながら大笑いしてくれてるよな?!
もしもあなたがここにいたら、しっかりお姉さんしてViolet育て一緒にやってもらえるのに・・・・・・・

来月の27日はLittle Sisterの2回目の命日。Violet連れて海まで会いに行くよ。その日までたくさんのお花を家に飾って、そしてその日はまた、去年やったみたいに花びらであなたの魂にmammyの愛を送りたい。
I miss you, girl. You are always in my heart. love ya( ̄ё ̄)チュッ



97639c65abb40860cbdc270295ad5cc4.jpg
引きつった瞳から、すごく美しい瞳になったんだよね。

06d52a545c5d455bbde54635caa54b4e.jpg
mammyより体重上を行った時もあったね。

Lil' SisはmammyがOKを出した時だけ、思いっきりmammyに甘えることを許されていた。好きなだけmammyに甘えていいよ。だからmammyが厳しく叱っても、悲しまないで、mammyの愛を感じるんだよ!!
と言い聞かせていた。↓こちら、遊んでいるだけなんだけど、マニアは必見かも・・・ちょっとヤバユス(-_-;) 何度も言うけど、遊んでるだけね(^_-) 









FC2 Blog Ranking
この動画に免じてポチっとお願い(ё。-)



スポンサーサイト


コメント
ごめん!この動画ちょっと笑ってもうたぁ(笑)マニアって・・そういうことね、見たいな!
リルシスちゃんとVちゃん比べてしまうのわかるよ、Vちゃんはこんなに幸せなのにリルシスちゃんはこのころまだこんなで・・・なんて考えてしまうよね!
私も無謀な繁殖やペットショップには憤りを感じるけど、
そんなところで幸せでなく過ごした過去があっても
リルシスちゃんはその後マミーに出会えて、ピンさんに出会えてすごく幸せだったと思う!
そのほうが重要な事だと思うよぉ~
きっと今も「お、マミーがんばってるなぁ~!あ、それ私もやられたわぁ~」なんてお空から見てるよ^^

mimi│URL│2006/06/25(Sun)16:02:27│ 編集
わっははー('∇')
動画笑うとこよぉ~♪引かれるほうが怖いし・・
Lil Sisは大きかったよマジでぇ~。お尻プリプリだったしねぇ~。
うーん、そうねぇそうねぇ・・・うちへ来てからの時間の方が彼女の犬生に反映してるとは思っているけど、だけど、もうこれ以上あんな思いをする子たちを作らないで欲しいよ。
素人繁殖反対!!バックヤードブリーダー反対!!生体陳列販売反対!!!!!!!!!
この問題、反対訴えるにもしっかりと想いを伝えなきゃと思いつつも、言葉にするのは難しいね・・・
しーちゃんがいなくなってもうすぐ2年・・・・・mammyはまだ寂しいよぉ(T-T)

Rottmammy│URL│2006/06/26(Mon)21:37:43│ 編集
そうだよね、VちゃんがいるからってLil'sisを忘れることは出来ないよね。カウチに一緒に乗ってる姿とかおしりを枕にしてたりとか私が見てても重なっちゃったりするもん。それはそれでいいんだよ(*'-^) Lil'sisはMammyのとこに来て幸せだったと思うしピンさんもVちゃんもMammyの元でみんな幸せだよね(*'、^*)

Kay│URL│2006/06/27(Tue)08:28:32│ 編集
Kayたん
そぉ?KayたんもシスとVちゃん重なる??
なんだかね・・・・・・・・Vちゃん見てると、小さい頃のピンさんも思いだすんだけど、しーちゃんのことを思えば、もうそこで号泣・・・o(´^`)o ウー

ありがとねぇ('∇')

Rottmammy│URL│2006/06/28(Wed)21:53:27│ 編集
コメントの投稿










トラックバック
トラックバックURL
→http://rottmammy.blog70.fc2.com/tb.php/9-5277424f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

Rottmammy

Author:Rottmammy
♀精神年齢5歳

【お知らせ】
すみれちゃんの血の繋がっていない妹、マリアのブログがスタートしました。先天性股関節形成不全についても、少しずつ綴られています。運動神経抜群のアクティブなVioletとは正反対の境遇で暮らしているマリア。
マリアの虹色日記は病気と闘うマリアと日頃のちょっとしたおちゃめなマリアのことが盛りだくさんです。人間のように言葉が話せない犬たち。病気の早期発見、そして的確な日頃のケアーが愛犬の命を支えます。
ボヤ記共々、姉妹犬マリアのブログをよろしくお願いします<(_ _)>


My girls:
Pinky ♀ Dec. 24th.1994-Sep. 8th. 2006
ロットワイラー界の十朱幸代。永遠のお姫様プリピン!お星様になったけどShe's gonna live in my heart forever.



Little Sister ♀ Nov. 22nd 1999-July 27th 2004(she's in heaven now. I miss U, girl!×○)



Violet ♀ Mar. 3rd 2006



只今ネットアイドル目指してまつ♪

We are bitches! You better watchaut! We gonna come get ya!


人気blogランキングへ ポチっと!
このブログはロットワイラー犬種の向上を目指しています!一日一回クリクリクリックで忍者すみれちゃんを応援してね(^_-)









犬用骨入りミンチだにょ(^_-)













HOWLYWOOD@cafepress: Where Every Dog is a Star






the first book i read.

メールはこちらから↓










にほんブログ村 犬ブログ ロットワイラーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログ フレンチブルドッグへ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログ ロットワイラーへ
にほんブログ村




最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。