ロットワイラー&フレンチブルドッグと暮らすRottmammyの面白ボヤ記。日々の出来事、楽しさ万歳の結構ふざけたマジメなブログ( ̄∀ ̄*)イヒッ
2017/04«│ 2017/05| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 »2017/06
文字サイズ文字サイズ:大文字サイズ:中文字サイズ:小
--:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category:スポンサー広告│ コメント:--│ トラックバック :--
15:32:56
超楽しかったバデ君お帰りの会。
お帰りバデ君の続きでつ(´∇`)


102669793_240.jpg

mammyがバデ君と初めて会ったのは、彼が生後30日の頃。
♂ロッティーを迎えようと、パピーチェックに出向いていたその日、4頭の♂パピーがいた。その中で、最後の最後までどちらにしようか決めかねたのがアーニーとバデだった
無邪気に遊ぶパピーたち。アーニーはいちばんのやんちゃ君で、何にでも一番に反応し、好奇心旺盛の一番子犬らしい子犬だった。
バデはアーニーの反応を見てから、慌ててついて行くような慎重さだとか、時々立ち止まって周りの様子をじーっと伺ったりだとか、その時mammyがいたほんの数時間での印象は、自分のペースを持ったマイペースな子だった。抱き上げるとアーニーは目を反らし、バデはじーっと目を見つめてくる子だった。何度抱き上げてもバデはmammyから目を反らすことはなく、優しい表情でmammyの瞳を覗き込んだ。
数分単位で心身共々成長する子犬のことだし、mammyがそのときに受けた印象っていうのはあくまでも素人的なものだけれども、バデは確実にmammyの心を虜にした。

そのバデが一年以上ぶりにお里に帰ることになり、名古屋からもロット軍団が駆けつけ、皆でバデ君のお里帰りと成長をお祝いした。
mammyは初めて会うロットワイラーには予め、その子のバッググラウンドや、性格などを伺うことにしている。
出身犬舎や、オーナーさんが見たその子の性格。もちろん攻撃性の有無や、去勢・不妊の有無もしっかりと確認する。バデに関しては、バデと初めて会った時から今まで、バデのママとはメールと電話でお付き合いを重ねてきているし、マメに成長具合を報告し合っているので事前打ち合わせなんてものは全く必要なかった。それに、今回は何といってもバデとVioletの生まれ故郷での集まり。産ませの親がその場にいるのだから、mammyがあれこれと心配することは一切無かった。



20061209153706.jpg

山道を2時間半クネクネとドライブしてやってきたVioletは、超車酔いのため、フラフラで皆にご挨拶。そこに集まるロッティーで、Violetが初対面なのはバデ君のみ。パピーのStella&Arenaとも何度もご対面してフリーで遊んでいる仲(´∇`)
お里にいる♂犬たちは皆未去勢で、名古屋軍団の2頭も未去勢。Violetを含む♀犬たちは皆未不妊。
去勢をしていない犬は去勢をしている犬より強く、ラフであるのは事実だろう。でも、去勢していないからこの子は女の子に乗るんです。去勢をしていないから♂犬とはケンカするんです。というのは飼い主の怠慢な言い訳に過ぎず、しっかりと飼い主との関係が築かれていれば、ケンカにもならなければ、女の子をひつこく追い回し、はがいじめにしてしまうことも無く、平和で穏やかな時間を過ごせるもの。
この日はオーナーさん同士で会話を楽しむオフ会な為、♂ロッティーたちは入れ替わりでレーンの中を入れたり出したり。時には複数頭で遊ばせたり犬たちにストレスもかけないとても充実した時間を過ごした。


日頃ドッグランを遊び場にしていると、たくさんの犬と飼い主さんとの出会いがある。当たり前のことだけど、いろ~んな犬がいて、いろ~んな飼い主さんがいる。わたしはVioletを叱らずに育ててきた。だからといって、他犬と接する際も叱らないかというとそうでは無い。小型犬と追いカケッコをするのはダメ。前脚をかけて相手の犬に乗っかることもダメ(気の合った犬とのレスリングは別)。ひつこくされたからと言って、やり返すこともダメ(遊びでの反撃は別)。それはそれはやってはいけないことは山ほどある。
そして何事も境界線をしっかりと引き、その線を越えそうななった瞬間は、周りがドン引きする勢いで声を出す。またそれは、他の飼い主さんに「きちっと叱っているよ」というアピールでもある。
公共の場に連れて行く場合、大型犬飼い主に限らず当然のマナーであるが、意外とこれが出来ない人が多い。
お尻フリフリで、あっちこっちと人や犬たちにおべっかを使って、自分が無害であることをアピールして回るVioletを見て、ドッグランにいる人達は「かわいいぃ~♪女の子やなぁ~♪」と皆微笑んでくれる。そんな環境の中でもVioletがその境界線を越えそうになった時は、mammyはドッグラン中に響き渡る声で叫ぶ。そんなmammyとVioletの関係を見ていると、大型犬の飼い主さんは、
「訓練入れているんですか?」
「どこの躾教室に行ってますか?」
と質問をしてくる。特に生後12ヶ月以下の大型犬の飼い主さんは真剣に聞いてくる。そしてどこどこの躾教室に通ってみたけど、いまいちしっくり来ないとか、いろいろと話を聞くことになる。


訓練士、トレーナーと言ってもいろんな人がいるわけで、儲け主義の人もいれば、ぶっちゃけ、犬をダメにして、少し良くしてを繰り返す訓練士もいる。目ん玉飛び出る程びっくりすることを平気でする人もたくさんいる。
例えば、おやつを大量に使う人や、犬種的特長を理解していない人。まだまだ成長真っ盛りの子犬にボール投げやフリスビーを平気でさせる人。話を聞いているだけでも身震いするときが多々ある。バデはまだまだ赤ちゃんの頃、喜怒哀楽がなく、攻撃性のある犬だと言われた。ハウスに入れても泣かず、吠えないのは反抗している。コマンドでトイレをしないのも反抗で、それはフリーにさせ過ぎが原因だと言われた。ひとりの時間が足りないということで、ハウスの中にず~っと入れておくハウストレーニングが必要とも言われた。また、他犬の口を舐め、他犬にちょっかいをかけ過ぎる行為も指摘された。
これを聞いた時、ん?何それ?ハウスの中でおとなしくしているのが反抗?ん?他犬にキスをして媚びを売るのは違反行為?それっておかしくない?
バデからピリピリ感が伝わる中、バデのパパもママも違和感を感じ、考えに考えて、思いきって全て逆のことを試みた。

Violetと一緒で、叱らなくて良い環境作りに徹し、常に自由を与え、自分のペースをキープさせる。攻撃性が増すからという理由で禁止されていたロープの引っ張りっこも敢えて行い、バデにストレスがかからない生活を送った。叱らなければならない状況回避のため、兄弟犬のアーニーとも一緒に遊ぶことを止めた。
とにかく『いい関係作り』に力を入れて、そのために目一杯一緒に遊び、しつけは二の次三の次にした。
いい信頼関係さえできれば、しつけはいつでもはいる。それを信じて実行した。

*ここで誤解しないで欲しいのが、自由を与える=勝手気に我侭にさせるということではないということ。飼い主といい信頼関係さえしっかりできていれば、犬が「勝手気まま」なワガママ犬になることはない。
犬が飼い主大好きになれば、絶対に飼い主に喜んでもらう行動をとろうとする。

また、子犬時代をどう過ごすか!ということがとてもポイントとなる。他犬との触れ合いには、相手の犬を吟味する。凶暴だったり、ケンカっぱやり犬と同じ空間に犬を置かない。ヤバイ犬がいたら逃げる。犬は目で見て学ぶのだから、悪いものは一切見せない。また、犬を触る人も十分に吟味する。このボヤ記の前半の記事(2006年6月あたりからの記事と旧ボヤ記)を参考にして頂ければ、子犬の時代をどう過ごすかってことがすぐに分かって頂けると思う。


そして、一歳を迎えたバデ君。お里帰りするなら絶対に会いたい!
生後30日に会ったバデ君。あの時感じたバデ君をもう一度感じたい!
日々の成長報告を聞いているとVioletとよく似た性格のバデ君。きっとVioletと意気投合して仲良しさんになるに違いない!そんな想いでお里へ駆けつけたmammyとViolet。
生後15ヶ月のまだまだお子ちゃまなバデ君の振る舞いは、Violetと同じで、そこにいる全ての人たち、犬たちにおべっかを使い、媚びて媚びて媚びまくって、その中で自分のペースをしっかりとキープする頭の良いチャメオオーラを発していた。

喜怒哀楽が無い?めっちゃあるや~ん!!少なくとも、喜んでいる顔、悲しい顔、楽しい顔はいっぱい見せてるやん!
攻撃性?ぜんぜ~ん!!これは甘えん坊以外の何者でもないや~ん!
引っ張りっこは攻撃性が増す?そもそもその攻撃性とはなんやねん?デンタルロープをVioletと二人で引っ張りっこしながら遊ぶバデ君は平和主義そのものゝ(^O^)丿 年下レイディーに対しての振る舞いもバッチリで、優しさと頼もしさがバデの全身から沸き出ている♪

20061209171451.jpg



20061209171546.jpg


毎度のことながら、犬たちと遊ぶ、オーナーさんたちとおしゃべりも楽しむがモットーなオフ会につき、写真がほとんど撮れてない( ┰_┰)


大型犬、そしてロットワイラーのように独創的な犬種を初めて迎えた人は、自分が間違っていないか不安になることは多々あるだろう。そしていろんな情報をネットや、訓練所、ドッグトレーナー、躾教室、ロットオーナーからゲットして、少しでも自分の犬に良い環境をと試みるだろう。その中で大切にして欲しいのは自分の意見をしっかりと持ち、怖がらずに相手にぶつけること。相手がプロだったり、何頭もロットワイラーを育てている人だったりすると、恐れ多くも自分の意見が言えなくなると思う。でも、そこは怖がらないで恥ずかしがらないで、どんな小さなことでも自分の中で理解出来るまでぶつけて欲しい。
Violetはわたしにとって3頭目のロットワイラー。たかが3頭と暮らしてきただけで、ロットワイラー、そして犬を分かったつもりもなければ、自分の意見が全て正しいとは思っていない。だから常に無心になり、初心を忘れないよう心がけている。
特にブリーダーさんに対しては真っ白な自分でいるように努めている。
「そんな事聞くかぁ?」
ってことも、平気でドンドン質問する。ウザイって思われてるんやろなぁ~・・・と、思いながらも聞くのは一時の恥で、自分が分かっているつもりになっているだけで、全然分かっていないこともあるんじゃないかと、常に犬初心者的態度で平然といる。そうかと思えば、思いっきり噛み付いてものを言う時もある。しかも、めっちゃめちゃ小さいことで(-_-;)
すみれちゃんのことを褒め足りていないと感じれば、無理やり褒め言葉をもらいに行く。すみれちゃんの行動や容姿、体調、体格で気になることがあればすぐに報告をする。
それもこれも、み~んな、彼を信じているから出来ることで、少しでも違和感や不安を感じたら、いくら産ませの親であってもわたしの心は彼からもお里からもとっくの昔に離れていただろう。まっ、そんなことはあり得ないという100%の信頼でVioletを迎えたのだけど・・・

訓練士だってドッグトレーナーだって同じだと思う。愛犬に素晴らしい変化がなく、ず~っと同じ状態、もしくは悪くなる状態が続けば、少なくともその犬とオーナーさんにとっては良い影響は与えていないのだと思う。特に我慢強く頭が良いロットワイラーに関しては、若ければ若い程変化には時間がかからないとわたしは思う。オーナーさんが意見を言えば、犬種の特徴をあげて、さもその犬の生まれ持った性格や血統のせいにされることもあるだろう。反対に、飼い主自身も「この子はロットワイラーだから、少々荒くても当たり前」と、どこかでロットワイラーという犬種のイメージを作り上げて、自分の中で納得している場合もあるだろう。怖いのが、プロと呼ばれる人たちから
「ロットワイラーですからねぇ~」という言葉をかけられて、飼い主自身も納得してしまうこと。でも、もう一度じ~っくりと自分の愛犬と接して観察して欲しい。犬にとって、ストレスになることをしていないだろうか?犬にとって不安になることをしていないだろうか?犬にとって屈辱的なことをしていないだろうか?犬を追い込んでいないだろうか?
飼い主の好きなように育てればいいのだろうけど、将来殴ったり威圧しなきゃ扱いきれない(言うこと聞かない)犬にしちゃったらだめだとわたしは思う。そうならないための下地作り、それが出来てから躾に力をいれる。そして、最終的には、どんなに行儀良くできる犬であっても威圧的にしかコントロールできない飼い主は躾に失敗したことになる!ということも是非頭に入れておいて欲しい。
子犬や若い犬に限らず、ロットワイラーと暮らしている方、もう一度自分の愛犬を抱き閉め、そして声をかけ、いっぱい遊んで、愛犬を知ることから始めてみませんか?

追記:
今回、個人的に思いいれのあったバデと会えて涙ものだった。もっともっと一緒にいたかったバデ君。大阪の叔母ちゃんは嬉しかったよ。あんなにおチャメで♂なのに「かわええ」ってマークを振りまけるロッティー。あなたは世界一のチャメオ君ロットワイラーだ!
これからのバデがとても楽しみ。どこかでバデ君を見かけたら、みんな声かけてあげてねぇ~♪超男前でお尻フリフリで喜びの舞を踊ってくれるから
ね!バデ君のパパ、ママ(^_-)

人気blogランキングへバデ君とすみれちゃんにclickよろしくね(^_-)





スポンサーサイト


コメント
No subject
今日はドッグランで色々とお話しができてすごく楽しかったです~♪
Violetくんすごく可愛いですよね~、今日も何度か私のそばに寄ってきて何気なく足の上にVioletくんのお尻がちょこんと乗っていたりして、、、
「こやつ、可愛いじゃないかぁ~!!!」って思っちゃいました♡

それから、いつもひめちゃんがVioletくんに遊びをしかけていってごめんなさいね、ひめは自分が小さいくせに大きいワンちゃんが楽しそうに遊んでいると自分も一緒に遊ぼうとするんです(>。<)

しつけって難しいですよね!
本とかでもそれぞれに書いてあることが微妙に違っていたり、人それぞれに考え方があったりで。
ワンちゃん初心者の私は結構戸惑ってしまったりでした。

今日も少しお話ししたのですが、私もしつけに関しては犬との信頼関係を築くためにも誉めるしつけをと思いながら、これがなかなか(・_・;)
反省することも多々あるんです(・_・;)

ディパーひめママ│URL│2006/12/11(Mon)19:15:03│ 編集
No subject
(*ノェノ)キャー
ディパーひめママ、ようこそいらっしゃいました♪
こちらこそ今日は楽しいお話聞かせてもらってありがとうございました!!いつも小さい子は追いかけないのに、今日は追いかけたからビックリしたら、ひめちゃんやったわぁ~v-10
ひめちゃんの誘いだけには乗ってしまうViolet君で、ほんとすいません(o*。_。)oペコッ ところでViolet君は女の子ですよぉ~念のため(^。^;)

足の上にお尻乗せるのはね、愛情表現で、ディパーひめママのこと大好き大好きと彼女なりにアピールしてるんですねぇ~(@⌒ο⌒@)b ウフッ
あと、足を踏んでくるのもそうなんで、重いですけどかわいがってやって下さいね!!

犬を初めて飼い始めた人は躾で何度も壁にぶちあたりますよね~。ここでも書いてますけど、しつけ、しつけとワンコをがんじがらめにしないで、肩の力を抜いて楽しむことに重点をおくと、自然とワンコがついてくるものだとわたしは思っています。だから、ドッグランでも人様と他のワンズに迷惑をかけない限り、圧力をかけずにゆっくりとVioletを導いてあげる心構えでいるつもりですぅ~。なのでいつも謝ってばかりなわたしですね・・(^。^;)
でもね、今日は嬉しいことがあったんです。今日来てたボストンのパピーちゃんは10日前にドッグランデビューしたところなんですが、偶然居合わせたVioletが、震えるボストンちゃんにいろんなシグナルを出して、安心させて、それからみんなの輪の中に導いたんですよ!!「おねえちゃんがいたら、他のワンたち怖くないぃ~」みたいに喜んで弾け出してね、そして今日、あんなに元気に走り回ってランに溶け込んでたから、感動してしまいました♪って親バカですね!!
ディパーとひめ様程、しつけの出来たダックスちゃんと出会えてとってもハッピーなmammyとVioletです!まだまだ躾の行き届いていないVioletですが、どうぞ仲良くして下さいね!(゜O゜;アッ! 飼い主も躾が入ってないんで、二人してお世話になると思います・・すいません(o*。_。)oペコッ

Rottmammy│URL│2006/12/11(Mon)23:21:42│ 編集
ごめんなさいm(_ _)m
VioletくんではなくてVioletちゃんだったのね、本当にごめんなさいm(_ _)m

私も足元にVioletちゃんが来てくれてすごく嬉しかったです♪

私の方こそワンちゃん初心者なのでいろいろとお話しをして、勉強になることばっかりです、これからも色々と教えて下さいね!

ディパーひめママ│URL│2006/12/12(Tue)13:24:11│ 編集
No subject
ディパーひめママさん
こんばんわ('∇') 今日は雨でしたねぇ~(/_;)しくしく
それでもVioletはドッグランへ行ってきまつたよぉ~!!
貸切だったんで、ちょっと"come"とか"stay"とかやってみました。こちらが本気でやる気ないんで、Violetもそれを分かってるから、結局鬼ごっこして遊びました(-_-;)ダメだなぁ~・・・・・・・・・
先ずはミンチの配達行きますねぇ~♪ 
よかったらrottmother@msj.biglobe.ne.jpにメール下さい♪

Rottmammy│URL│2006/12/12(Tue)22:46:38│ 編集
コメントの投稿










トラックバック
トラックバックURL
→http://rottmammy.blog70.fc2.com/tb.php/101-8fd9884f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

Rottmammy

Author:Rottmammy
♀精神年齢5歳

【お知らせ】
すみれちゃんの血の繋がっていない妹、マリアのブログがスタートしました。先天性股関節形成不全についても、少しずつ綴られています。運動神経抜群のアクティブなVioletとは正反対の境遇で暮らしているマリア。
マリアの虹色日記は病気と闘うマリアと日頃のちょっとしたおちゃめなマリアのことが盛りだくさんです。人間のように言葉が話せない犬たち。病気の早期発見、そして的確な日頃のケアーが愛犬の命を支えます。
ボヤ記共々、姉妹犬マリアのブログをよろしくお願いします<(_ _)>


My girls:
Pinky ♀ Dec. 24th.1994-Sep. 8th. 2006
ロットワイラー界の十朱幸代。永遠のお姫様プリピン!お星様になったけどShe's gonna live in my heart forever.



Little Sister ♀ Nov. 22nd 1999-July 27th 2004(she's in heaven now. I miss U, girl!×○)



Violet ♀ Mar. 3rd 2006



只今ネットアイドル目指してまつ♪

We are bitches! You better watchaut! We gonna come get ya!


人気blogランキングへ ポチっと!
このブログはロットワイラー犬種の向上を目指しています!一日一回クリクリクリックで忍者すみれちゃんを応援してね(^_-)









犬用骨入りミンチだにょ(^_-)













HOWLYWOOD@cafepress: Where Every Dog is a Star






the first book i read.

メールはこちらから↓










にほんブログ村 犬ブログ ロットワイラーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログ フレンチブルドッグへ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログ ロットワイラーへ
にほんブログ村




最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。