ロットワイラー&フレンチブルドッグと暮らすRottmammyの面白ボヤ記。日々の出来事、楽しさ万歳の結構ふざけたマジメなブログ( ̄∀ ̄*)イヒッ
2007/04«│ 2007/05| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 »2007/06
文字サイズ文字サイズ:大文字サイズ:中文字サイズ:小
--:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category:スポンサー広告│ コメント:--│ トラックバック :--
23:59:59
先日ご紹介しましたポエムHow Could You?ですが、翻訳しようと思ってPCに向かうと涙があふれ出てしまって、前へ進みません。そこで検索してみると、日本語訳がありました!!今まで英文には何度も目を通す機会があったのに、日本語訳されているこのサイトは知りませんでした(^▽^;)
管理人様の了解のもと、こちらにリンクさせて頂きます。日本語訳はこちら

こちらのHPには有名なお話が他にも掲載されています。是非ご覧下さい。タロのホームページ


*ここに登場する犬は注射を打たれて、天国へ旅立ちます。日本で殺処分される動物たちは、安楽死ではありません窒息死させられます。悶え苦しみ死んでいくのです。今いる命の終生飼養があなたの責任です。そして安易な繁殖(素人繁殖、裏庭繁殖)は、罪なき動物たちを苦しめます。うちの子(犬)に一度は子供を!!とお考えの方、今一度考えなおしてみませんか?あなたの安易な繁殖が、このような不幸な犬たちを生み出す手助けとなります。わたしはわたしの犬たちを愛しているからこそ、繁殖はしません。惚れた犬種の生体がこれ以上乱れていくことに憤りを感じています。*

探偵ファイル
ペットブームの陰に・・・4を目をつぶらずにしっかりと読んで下さい。そして、~死を迎える犬たち~では、死を待つ犬たちの画像、そして動画もありませす。現実をしっかりと受け止められる方のみ、視聴願います。
o┤*´Д`*├o アァーまた、また、記事書きながら鼻水とまらない・・(_πдπ) シクシク

SNSをご利用の方は、是非とも『初心者のための繁殖講座【犬】』でコミュニティー検索をかけてご参加下さい。

管理人の方がこの本についてレビューをかかれています。
許可を頂きましたので、掲載させて頂きます。





我が国では近来稀に見る、まともなブリード方法を記した本。
実は犬の繁殖コミュを立ち上げて少し経ってからこの本の存在を知ったのですが、いきなり第1章に

「動物行動学の権威であるエーベルハルト・トルムラーは明確に書いている。
〝一般的に、雌犬を雄犬と交尾させればブリーダーだと思っている人がいる。
しかし、たんに銃を持って出かける人と、狩猟許可証を持っている人が区別されているように、そのような自称ブリーダーと、犬の繁殖の公的許可証を持っている人とは区別されるべきだ〟(ドイツでは実質、純血種の繁殖には許可が必要なので)
―――――以上、本文より引用―――――

とあって、恐れ多くも自分の考えの再確認ができた思いです。
また、本文には「ブリーダーのもっとも重要な役目はその犬種の生命力を維持することである。」ともあります。すべての繁殖者と子犬の飼い主の心に刻んでほしい一言がここに書いてありました。この本は長く繁殖者の必携の書になることでしょう。ちょっと高価なのが唯一の難点。でも損は無いです。









スポンサーサイト

2007/05/06
15:01:13
ロットワイラーに魅せられて早十数年の年月が流れた。

おいらの頭の中はすみれたんのことでいっぱいで、四六時中すみれたんのことばかり考えている。

先日、近くの獣医さんへ行った。
「変なこと聞きますが、どうしてロットワイラーを飼おうと思ったんですか?」
と帰り際に聞かれた。
「えっと・・・どうして・・う~ん・・・・・この子で3頭目なんですけど、ロットワイラー以外考えられないっていうか・・」
と、いきなりの質問にどう応えていいのか分からなかったおいら・・(^▽^;)
「ほー、3頭目?ロットワイラー以外考えられない?」
聞き返してくる先生に、
「はいぃ・・・・・・ロットワイラーと一度暮らしてしまうと、ロットワイラーから抜けられないですね≧(´▽`)≦アハハハ なんていうか・・ 麻薬みたいな感じぃ?」
と応えると、
「ほー、麻薬ぅ?麻薬かぁ・・」
と先生ってば、ニッコリと笑って、うまいこと言うなぁ~ってな表情でカルテをつける。

ロットワイラーはおいらにとって、かなりヤバイ麻薬。

『ロットワイラー』『rottweiler』という文字すら愛しくて愛しくて、この文字を見ているだけでも泣けてくるぐらい・・(^▽^;)


       24qmjy9.jpg

yes, there is always room for one more!!!


2007/05/04
11:42:04
How Could You?
By Jim Willis 2001

When I was a puppy, I entertained you with my antics and made
you laugh. You called me your child, and despite a number of
chewed shoes and a couple of murdered throw pillows, I became
your best friend. Whenever I "was bad," you'd shake your
finger at me and ask "How could you?" -- but then you'd relent,
and roll me over for a belly rub.

My housebreaking took a little longer than expected, because
you were terribly busy, but we worked on that together. I
remember those nights of nuzzling you in bed and listening to
your confidences and secret dreams, and I believed that life
could not be any more perfect. We went for long walks and runs
in the park, car rides, stops for ice cream (I only got the
cone because "ice cream is bad for dogs," you said), and I took
long naps in the sun waiting for you to come home at the end of
the day.

Gradually, you began spending more time at work and on your
career, and more time searching for a human mate. I waited for
you patiently, comforted you through heartbreaks and
disappointments, never chided you about bad decisions, and
romped with glee at your homecomings, and when you fell in love.
She, now your wife, is not a "dog person" -- still I welcomed
her into our home, tried to show her affection, and obeyed her.
I was happy because you were happy.

Then the human babies came along and I shared your excitement.
I was fascinated by their pinkness, how they smelled, and I
wanted to mother them, too. Only she and you worried that I
might hurt them, and I spent most of my time banished to
another room, or to a dog crate. Oh, how I wanted to love them,
but I became a "prisoner of love."

As they began to grow, I became their friend. They clung to my
fur and pulled themselves up on wobbly legs, poked fingers in
my eyes, investigated my ears, and gave me kisses on my nose.
I loved everything about them and their touch -- because your
touch was now so infrequent -- and I would have defended them
with my life if need be. I would sneak into their beds and
listen to their worries and secret dreams, and together we
waited for the sound of your car in the driveway.

There had been a time, when others asked you if you had a dog,
that you produced a photo of me from your wallet and told them
stories about me. These past few years, you just answered "yes"
and changed the subject. I had gone from being "your dog" to
"just a dog," and you resented every expenditure on my behalf.

Now, you have a new career opportunity in another city, and you
and they will be moving to an apartment that does not allow
pets. You've made the right decision for your "family," but
there was a time when I was your only family. I was excited
about the car ride until we arrived at the animal shelter. It
smelled of dogs and cats, of fear, of hopelessness.

You filled out the paperwork and said "I know you will find a
good home for her." They shrugged and gave you a pained look.
They understand the realities facing a middle-aged dog, even
one with "papers."

You had to pry your son's fingers loose from my collar as he
screamed "No, Daddy! Please don't let them take my dog!" And I
worried for him, and what lessons you had just taught him about
friendship and loyalty, about love and responsibility, and
about respect for all life. You gave me a good-bye pat on the
head, avoided my eyes, and politely refused to take my collar
and leash with you. You had a deadline to meet and now I have
one, too.

After you left, the two nice ladies said you probably knew about
your upcoming move months ago and made no attempt to find me
another good home. They shook their heads and asked "How could
you?"

They are as attentive to us here in the shelter as their busy
schedules allow. They feed us, of course, but I lost my appetite
days ago. At first, whenever anyone passed my pen, I rushed to
the front, hoping it was you that you had changed your mind --
that this was all a bad dream ... or I hoped it would at least
be someone who cared, anyone who might save me. When I realized
I could not compete with the frolicking for attention of happy
puppies, oblivious to their own fate, I retreated to a far
corner and waited.

I heard her footsteps as she came for me at the end of the day,
and I padded along the aisle after her to a separate room.
A blissfully quiet room.

She placed me on the table and rubbed my ears, and told me not
to worry. My heart pounded in anticipation of what was to come,
but there was also a sense of relief. The prisoner of love had
run out of days. As is my nature, I was more concerned about her.

The burden which she bears weighs heavily on her, and I know
that, the same way I knew your every mood. She gently placed a
tourniquet around my foreleg as a tear ran down her cheek. I
licked her hand in the same way I used to comfort you so many
years ago. She expertly slid the hypodermic needle into my vein.
As I felt the sting and the cool liquid coursing through my
body, I lay down sleepily, looked into her kind eyes and murmured
"How could you?"

Perhaps because she understood my dog speak, she said "I'm so
sorry." She hugged me, and hurriedly explained it was her job to
make sure I went to a better place, where I wouldn't be
ignored or abused or abandoned, or have to fend for myself -- a
place of love and light so very different from this earthly
place. And with my last bit of energy, I tried to convey to her
with a thump of my tail that my "How could you?" was not
directed at her.
It was you, My Beloved Master, I was thinking of. I will think
of you and wait for you forever.

May everyone in your life continue to show you so much loyalty.

The End....

2007/05/03
02:13:18
すみれくわんのやめれって、なかなか好評だったようで(^▽^;) なんだかコメントたくさん頂いてますです(^。^;)
「あれってノンフィクション?」
なんてまで聞かれたりしたんですが、おいらはノンフィクションライターですので、全て事実でございます!妄想気は十分ありますが、妄想を綴った場合は、しっかりと妄想であることを記しておりますRottmammyです。みなさん、GWはいかがお過ごしでしょうか?
おいらは人酔いをしてしまうので、大型連休はなるべく近場で行動、そして平日に活動というスタイルでございます!




2007/05/02
02:32:12
           † 犬の聖歌 †
           The Sacred Song



この世の中では親友でさえ、あなたを裏切り、敵となる事がある。
愛情をかけて育てた我が子も深い親の愛を
すっかり忘れてしまうかもしれない。
あなたが心から信頼してる最も身近な愛する人も
その忠節を 翻すかもしれない。

富はいつか失われるかもしれない。
最も必要とする時に、あなたの手にあるとは限らない。
名声はたった一つの思慮に欠けた行為によって
瞬時に地に堕ちてしまうこともあるでしょう。

成功に輝いてるときは、ひざまずいて敬ってくれたものが
失敗の暗雲があなたの頭上をくもらせた途端に
豹変し、悪意の石つぶてを投げつけるかもしれない。

こんな利己的な世の中で決して裏切らない恩知らずでも不誠実でもない
絶対不変の唯一の友はあなたの犬なのです。





あなたの犬は、富める時も貧しき時も健やかなる時も病める時も
常にあなたを助ける。
冷たい風が吹きつけ、雪が激しく降る時も
主人のそばならば冷たい土の上で眠るだろう。
与えるべき食物が何一つなくても、手を差し伸べれば
キスしてくれ世間の荒波にもまれた傷や痛手を優しく舐めてくれるだろう。
犬は貧しい民の眠りを、まるで王子の眠りのごとく守ってくれる。

友が一人残らずあなたを見捨て立ち去っても、犬は見捨てはしない。
富を失い名誉が地に堕ちても、犬はあたかも日々天空を旅する
太陽のごとく、変わることなくあなたを愛する。

たとえ運命の力で友も住む家もない地の果てへ追いやられても
忠実な犬は共にある事以外何も望まず、あなたを危険から守り敵と戦う。
すべての終わりがきて、死があなたを抱き取り骸が冷たい土の下に葬られる時
人々が立ち去った墓の傍らには、前脚の間に頭を垂れた気高い犬がいる。
その目は悲しみにくもりながらも、油断なく辺りを見まわし
死者に対してさえも、忠実さと真実に満ちているのです。

††††††††   ††††††††   ††††††††


19世紀、アメリカ合衆国ミズーリ州で起きた、ある犬の射殺事件をめぐる裁判において、
上院議員ジョージ・ベストが行った弁護論の一部です。

プロフィール

Rottmammy

Author:Rottmammy
♀精神年齢5歳

【お知らせ】
すみれちゃんの血の繋がっていない妹、マリアのブログがスタートしました。先天性股関節形成不全についても、少しずつ綴られています。運動神経抜群のアクティブなVioletとは正反対の境遇で暮らしているマリア。
マリアの虹色日記は病気と闘うマリアと日頃のちょっとしたおちゃめなマリアのことが盛りだくさんです。人間のように言葉が話せない犬たち。病気の早期発見、そして的確な日頃のケアーが愛犬の命を支えます。
ボヤ記共々、姉妹犬マリアのブログをよろしくお願いします<(_ _)>


My girls:
Pinky ♀ Dec. 24th.1994-Sep. 8th. 2006
ロットワイラー界の十朱幸代。永遠のお姫様プリピン!お星様になったけどShe's gonna live in my heart forever.



Little Sister ♀ Nov. 22nd 1999-July 27th 2004(she's in heaven now. I miss U, girl!×○)



Violet ♀ Mar. 3rd 2006



只今ネットアイドル目指してまつ♪

We are bitches! You better watchaut! We gonna come get ya!


人気blogランキングへ ポチっと!
このブログはロットワイラー犬種の向上を目指しています!一日一回クリクリクリックで忍者すみれちゃんを応援してね(^_-)









犬用骨入りミンチだにょ(^_-)













HOWLYWOOD@cafepress: Where Every Dog is a Star






the first book i read.

メールはこちらから↓










にほんブログ村 犬ブログ ロットワイラーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログ フレンチブルドッグへ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログ ロットワイラーへ
にほんブログ村




最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。